無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年10月23日 (月)

Aメカ試作

Aメカを試作しました。

Cメカと比べるとずいぶん小さくて、まるでスケールを間違えているみたいに見えます。

ソル・アンバー形態

P8040089

イデオ・デルタ形態

P8040091

合体形態

P8040085

ソル・アンバー形態。

ゆがんでますね。

後部上方の出っ張りを出すのを忘れました。

個人的には前方の斜め持ち上げがなんとかなったのが嬉しいです。

ただそのせいで肩部分がやや大きくなってしまい、イデオ・デルタ時の機首部分も当初の予定よりやや短くなってしまいました。

P8040111

後ろから。

あ、もう壊れかけてる。

P8040112

裏はこう。

キャタピラをそのまま収めるスペースがないので、苦肉の策です。

P8040114 P8040115

イデオ・デルタ形態。

胴が細長く、機首が短くなってしまいました。

斜め持ち上げの部分がちょっと浮いています。

両翼も本当はもっと幅を広くしたいのですが、長さの方を取りました。

P8040120

後ろから。

ロケット噴射口は垂直翼のスライドに連動して先が顔を出すので、そのあと引っぱり出します。

そのせいで、垂直翼の幅があまり取れませんでした。

左側の噴射口は寸法を間違えて短くなってしまったので、右側で修正。

P8040092 

裏側です。

キャタピラ部分がちょっと浮いてしまいました。

その前方の噴射口はイデオン時にはまったく無視されてしまうのですが、どうしよう…。

P8040118

機首の変形。

ちょっと、身も蓋もない感じ。

P8040110

左右への展開。

縁の部分を食い込ませるようにして保持しているのですが、ここが最も作りにくく、壊れやすく、確実性にも欠けるところで、悩みどころです。

P8040104

これもめんどう。

もっとスマートな方法がないものかと思うのですが…。

P8040101

合体形態。

左手の拳を回転させ忘れました。

伸縮アームが見た目よりフニャフニャなので、設計し直した方が良さそうです。

P8040123 P8040125

拳の回転というのは、こんなふうに裏側がシャッター模様になっているわけです。

苦しい…。

P8040108

頭は小ささをごまかすため、円筒形にしました。

がっかりした人もいるかな、と思いつつ、自分では割と好きだったりします。

とは言え本来の形とはずいぶん違うので、誰かもっとそれらしいものを作ってくれないかなあ、とも思ったりして…。

P8040105

というわけで、いろいろと問題があるのですが、全体としてはおおむねこのまま行くつもりです。

プロポーション的には、特にイデオ・デルタ形態が今イチなのですが、これ以上はちょっとどうしようもない感じです。

あとはBメカとの関係でも変更が出る恐れがあるので、色を付けての完成は後回しにします。

最後に、Bメカのイデオン時のガラだけ作ってみました。

こんな感じにしたいわけです。

P8040084

胸部が縦長過ぎたかな…。

肩が大きくなった分、足が小さく見えちゃいます。

重さで脚が沈んでいくので、隙間に詰め物が必要でした。

さて、あとはBメカですが、これもけっこうゴチャゴチャしていてやっかいです。

年内はキビシイなあ…。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30